みなさん、こんにちは。
双子のパパであり、ライフ快療院の院長、かじた式骨盤矯正の開発者である梶田了です。

産後のママに多い、抱っこっが原因の「手首の親指側」が痛いのは、トゲルバン病の可能性があります。

これは、手首の親指側には2本の腱が通るトンネルのような腱鞘があり、
腱鞘が厚くなったり腱の表面に傷がついたりすると、腱の動きがスムーズにいかなることがあります。
いわゆる「ドケルバン病」と言われる症状です

どんな症状かというと…
炎症が起こるため、腫れたり、赤くなったり、熱をもったりします。親指を曲げたり、広げたりするときに痛みます。

原因は何ですか?
妊娠時や産後のママがなりやすいので、ホルモンバランスの変化と関係があります。
また、赤ちゃんを抱っこして両方の腕に負担が掛かるとなりやすいです

検査方法は?

親指ごとに手首を小指側に曲げてもらい、痛みが強くなるかどうかを調べます。陽性いわゆる痛みが出たらこのです。

治療法は?
痛みが進んでしまうとやっかいです。
整形外科などでは指、を使わないように指示されます。
そして、湿布や炎症を抑える軟膏を塗り、痛みを和らげるようにします。小さい副木やテープで親指が動かないようにすることもあります。痛みがひどい場合には、炎症を起こしている場所にステロイドを注射することもあります。しばらく安静にしているうちにたいてい自然に治りますが、症状がひどくて、良くならない場合は腱鞘を切って広げる手術をします。

予防方法は?
ドゲルバン病は指を曲げる時に使う関節を伸ばして使ってしまうことでなるものです。
ですから、赤ちゃんを抱っこするときに、親指を曲げて使えば負担が掛かりません。
そして、出来るだけ指を使わないようにして、痛みが和らいできたら、指をゆっくり曲げたり伸ばしたりしてみて、
指を使う間だけ痛いなら、無理のない範囲で指を使ってください。
痛みをがまんして続けるのはいけません。

また、頸椎や骨盤の歪みが原因になっている場合はこれを矯正すると
改善する場合が多いので、整体院やカイロプラクティック院での調整が有効な場合があります。

 

【お知らせ】ただいまスタッフおよび研修生募集中!詳しくはお問合せ下さい。

【お知らせ】かじた式整体スクールについてはこちら