みなさん、こんにちは。
双子のパパであり、さいたま市にある産後骨盤矯正専門・ライフ快療院の院長、かじた式骨盤矯正の開発者である梶田了です。

腰痛の方は、足首が固い方が多いようです。

足首の硬いという事は、ふくらはぎの筋肉やアキレス腱が硬いので、
腿の裏や表の大腿四頭筋やハムストリング筋群が硬くなり、
骨盤や腰部に負担がかかりやすくなり、結果、腰痛になります。

足首が固い方は、正座が上手くできません。

そして、正座でまず左右のかかとがつく人はほとんどいません。
腰痛もなく普段からよほど姿勢のいい人の中には無意識にかかとをつけて正座する人もいますが
、腰痛持ちの人、O脚の人で無意識にこの座り方ができる人はまずいません。

実は、正座をすることで足首が柔軟になっていきます。
そして、毎日30秒から1分くらいでもいいので、少しずつ正座をすることで、
足首が徐々に柔らかくなってくると自然に左右の踵をくっつけて座ることが可能になります。
ぞして、足首が柔らかくなることで日常動作でも腰への負担が劇的に減少しますし、座った時の姿勢も自然とよくなることができます。

【お知らせ】ただいまスタッフおよび研修生募集中!詳しくはお問合せ下さい。

【お知らせ】かじた式整体スクールについてはこちら