みなさん、こんにちは。
双子のパパであり、さいたま市にある産後骨盤矯正専門・ライフ快療院の院長、かじた式骨盤矯正の開発者である梶田了です。

東京マラソンが先日開催されましたね!
年々参加者が増えて、なかなか走ることが出来ない大会になってきましたが、実は私、2009年の大会に参加したんですよ〜
初のフルマラソンだったんですが、5時間ちょっとのタイムでした。
最後の10キロはホント、きつくてきつくて何回も辞めようと思いましたが、沿道の方々の応援のお陰で、無事ゴールすることが出来ました。
声援の力って凄いですね!!

さて、前置きが長くなりましたが、今回は「ランニングが楽しくなればなるほど増えてくるのが、◯◯なんです…」というテーマでお話したいと思います。
皆さん、この◯◯ってなんだと思いますか〜

これは「不調」です!
長い距離長い時間走ることにより、膝や腰、足裏などに痛みがでてしまい、それが慢性的になってしまうのです。

その代表的なものが、いわゆる「ランナーズニー」と言われる膝周りの痛み、これは腸脛靭帯炎が原因です。
腸脛靭帯

 

 

 

 

 
次が「シンスプリント」これはすねの内側が慢性的に痛む、後頸骨筋の炎症です。

後頸骨筋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、踵から土踏まずの周辺に痛みのでる、足底筋膜炎です。
足底筋膜

 

 

 

 

これらの症状が出るには、足の過剰回内が原因と考えられます。

過剰回内を起こすと踵が地面に着いた後、足全体が地面に着くときに足は内側に15度以上倒れます。
この過剰回内は偏平足のランナーにはよく見られます。
シューズの裏を見ると、前足部の内側と踵がとても減っています。
過剰回内

 

 

 

過剰回内の方は、体の全体のバランスが崩れてしまいます。
過剰回内と体幹

 

 

 

 

 

 

 

 

 

骨盤の歪みも出てきて、上半身のバランスも崩れてしまうのです。
こうなると、全身の様々な箇所の不調や故障につながってしまうのです。

ランニングが趣味の方で、体の全体のバランスが気になる方は、
一度、専門の機関での足の歪みや骨盤の歪みなどをチェックすることをお勧めいたします。

【お知らせ】ただいまスタッフおよび研修生募集中!詳しくはお問合せ下さい。

【お知らせ】かじた式整体スクールについてはこちら