みなさん、こんにちは
双子のパパであり、さいたま市にある産後骨盤矯正専門・ライフ快療院の院長、かじた式骨盤矯正の開発者である梶田了です。

今回は産後骨盤矯正をする上でのポイントを7つに絞ってお話します。

ポイント1
産後はホルモンバランスが乱れ、妊娠〜出産ですぐに育児に入る事で疲れが抜けないなどもあり、身体が不安定な状態なので、初回から強い刺激での施術はしない。


ポイント2
コリが強い部分へのマッサージやほぐしは、筋力のバランスを整え、仙腸関節の安定させた後に行う。
これは、筋肉を緩めることでの反応として、痛みが出たり、つらい症状が増したりする場合があるので気をつける。


ポイント3
骨盤を支えている重要5筋のアンバランスを整える。(大腿四頭筋、大腰筋、骨盤底筋、内転筋、中殿筋、大腿筋膜張筋)

ポイント4
骨盤の構成要素である仙腸関節、恥骨結合、腰仙関節の歪みを骨盤ブロックで整える。

ポイント5
股関節は回旋や牽引などで固さを取り除く。

ポイント6
背骨の歪みがある場合は、脊柱をローリングさせる手技を取り入れる。

ポイント7
骨盤を支えている筋肉をエクササイズで強化する。

産後の骨盤矯正は比較的効果が出やすいので、このようなポイントを意識して取り組むといいと思います。

かじた式産後骨盤矯正に興味のある方はこちらをクリックして下さい!

【お知らせ】ただいまスタッフおよび研修生募集中!詳しくはお問合せ下さい。

【お知らせ】かじた式整体スクールについてはこちら