みなさん、こんにちは。
双子のパパであり、ライフ快療院の院長、かじた式骨盤矯正の開発者である梶田了です。

腰痛改善に効果の期待できる、マッケンジーエクササイズをご紹介させて頂きます。

s1420664914[1]

これは、ニュージーランドの脊椎障害の治療の一人者であるロビン・マッケンジーが開発したものです。
彼の治療法は北アメリカ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、ニュージーランドで広く実施されています。

このエクササイズは、筋肉を増強させる目的で行うものではなく、椎間板や軟部組織の構造、または周囲の代謝を増進させることに焦点を置いているものです。

ぜひ、腰痛で悩んでいる方は一度このエクササイズをお試しください。

<エクササイズ1>
急性腰痛の場合はまずこの姿勢から行います。
うつ伏せになる事で腰椎に少しわん曲が出来ます。5~10分間、この状態を保持します。
こちらは、うつ伏せになる事がまったく困難でない方や慢性腰痛の方は省いていただいて結構です。
又、この状態をとる事自体が痛みで不可能な場合は以下の運動には進まず、お腹の下に座布団やクッションを重ねていれて、徐々にそれをとっていってうつ伏せが出来るようになる事を目標にしてください。

<エクササイズ2>
肘を床につけて、さらに腰のそりを大きくします。(スフィンクスの姿勢)
いきなり肘を90°にするのが無理な場合は、上の方から肘を付いて徐々に90°にしていきましょう。
5~10分間、この状態を保持します。
初めのうちは20秒×3セットを一日数回行って様子を見て下さい。
この姿勢で腰部にさほど痛みを感じない時は、こちらを省いてエクササイズ3から始めて頂いて結構です。
通常は痛みが徐々に治まっていきますが、痛みが強くなったり、お尻や足に痛みや痺れが出る場合は中止して下さい。

<エクササイズ3>
腰椎の新店可動域を増加させるため腕立て伏せのような反復伸展運動を行います。
この時気をつけることは、背筋を使わず、リラックスした状態で腕の力だけで行うことです。
腕を伸ばした後、息を吐き、お腹をしっかり落とすようにしましょう。
10回1セットで、最初の2~3回は注意して行い、安全確認後続行してください。
そして、9回目、10回目は、肘を伸ばした状態で数秒間静止して下さい。

※注意点※
マッケンジーエクササイズでは、この運動を当初は2~3時間おきに行うことを推奨しており、寝転ぶ所がない場合は立った状態で手で腰を押し出すようにして腰を反らせる方法で代用します。
症状の改善に伴い1日4セットに減らします。

多くの機能不全のよる腰痛が1~2ヶ月で改善します。

【お知らせ】ただいまスタッフおよび研修生募集中!詳しくはお問合せ下さい。

【お知らせ】かじた式整体スクールについてはこちら