みなさん、こんにちは
双子のパパであり、さいたま市にある産後骨盤矯正専門・ライフ快療院の院長、オーダーメイド個別指導セミナー形式のかじた式骨盤矯正スクールの主宰者である梶田了です。

肩や腰のコリや痛みを緩和する方法として大きく分けて「対処」療法と「根本」療法の2つがあります。

ウィキペディアで検索すると、

対処療法とは…
表面的な症状の消失あるいは緩和を主目的とする治療法。
姑息的療法とも呼ばれる。転じて、医学以外の分野において「根本的な対策とは離れて、表面に表れた状況に対応して物事を処理すること」という意味で用いられることがある…と解説しています。

怪我や事故などのいわゆる「急性期」の痛みやコリなどについては、整形外科や各種治療院(鍼灸あん摩マッサージ指圧や整骨院など)で処置します。
ですから、急性期の痛み(ぎっくり腰など)や運動などでの捻挫や打ち身などによるものが対象になります。
この場合は、「対処」療法で健康保険が適応になります。

対照的に、「根本」療法は主に慢性的なコリや痛みを身体の歪み自律神経のバランス、血液やリンパ液の流れを改善するなどの体質改善をすることにより、「自然治癒力」を高めることを目的に施術していきます。

そのため、コリや痛みの改善のスピードに差が現れます。日常生活の過ごし方やその方の年齢や体力等によっても異なります。
このような慢性的なものには、「カイロプラクティック」「整体」そして「東洋医学」的な治療が効果的です。
現状では、保険適用外になります。

このように「急性」「慢性」の状態に応じて使い分けることが出来ると、スムーズに体の不調を改善できます。

【お知らせ】ただいまスタッフおよび研修生募集中!詳しくはお問合せ下さい。

【お知らせ】かじた式整体スクールについてはこちら