「脳脊髄液」の流れが悪い事で、身体の不調の原因の場合があります。

脳脊髄液とは、脳を包む膜(硬膜)と脳の間にある液体です。

成分はリンパ液と同じです(リンパ液は血液から血球成分を除いたもの(血漿)とほぼ同じ)

役割は、脳や脊髄の組織を覆い、中枢神経系の保護の役目や機能の維持、栄養物質の輸送、老廃物の排泄などの重要な役割を担うと考えられてます。

脳脊髄液はゆっくりですが絶えず循環していて、静脈から脳脊髄液が作られ(というより染み出てくる感じ)、脊髄硬膜に沿って流れ、最後にはまた静脈に戻ります。

945d90d2909189t82cd82b582bd82d6
「脳脊髄液」の「循環」は中枢神経系の「代謝活動」に重要な関連を持つと考えられていて、「仙骨」と「後頭骨」を微細な力で刺激することで、脳脊髄液の流れを調整し、中枢神経のバランスを整える事ができます。

かじた式骨盤矯正スクール「自由診療導入コース」では「脳脊髄液」の流れを改善するテクニックを学べます。
スクール詳細はこちらからどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【お知らせ】ただいまスタッフおよび研修生募集中!詳しくはお問合せ下さい。

【お知らせ】かじた式整体スクールについてはこちら