PSISテスト

クライアントは立位

施術者は背部から、PSIS(上後腸骨棘)を母指接触する。
クライアントに、その場歩行で片足ずつ上げ下げさせる。(大腿が床面と平行になるように)
img_4079img_4078その時に、PSISが後下方に動くのを確認する。動きの悪いほうが、仙腸関節の異常を疑う。

◎ついに、15年の実績と延べ50,000人の施術実績に基づいたマインド・ノウハウ・スキルを全て公開!
お客様から「ありがとう」をいただける「本物」の技術を身につけて、開業しませんか…
「かじた式独立開業総合コース」詳細はこちらをクリック

【お知らせ】ただいまスタッフおよび研修生募集中!詳しくはお問合せ下さい。

【お知らせ】かじた式整体スクールについてはこちら