みなさん、こんにちは。
双子のパパであり、ライフ快療院の院長、かじた式骨盤矯正の開発者である梶田了です。

私は「選択理論心理学」という内的心理学を学んで、日々実践しています。
これは内的コントロール心理学と呼ばれ、人は外側からの刺激によって反応するのではなく自らが行動を選択するというものです。
反対に、従来の外的コントロール心理学では、人は外側からの刺激に対して反応するとしています。
この内的コントロール心理学である選択理論心理学では「思いやりを示す7つの習慣」として、傾聴する、支援する、励ます、尊敬する、信頼する、受容する、意見の違いについて交渉するを使うことを提唱しています。
この習慣が身につくことで、様々な人間関係の問題やトラブルなどが解消するとしています。

私自身、恥ずかしながら、以前はこの7つの習慣などとは縁遠いものでした。
ガミガミ、批判し、責める、文句を言う、脅し、罰し、褒美でつるなどの、7つの致命的な習慣を使って使いまくっていました。
そんな私が、今では、当院のスローガンに取り入れることで、より良い職場の人間関係を築いていきます。

それでは、新しく6月から朝の朝礼で唱和している、「ライフ快療院のスローガン」をご紹介いたします!

スタッフがお互いにアイコンタクトで話しをして、7つの思いやりを示す習慣(傾聴する、支援する、励ます、尊敬する、信頼する、受容する、意見の違いについて交渉する)を意識して使い、笑顔で仕事ができる明るい職場環境を作るようお互いが努力する。

そして、お客様がここに来て良かったと思って頂けるように、「かじた式骨盤矯正」を使って施術に取り組み、お帰りの時に「ありがとう」と笑顔で言って頂けるように専念する。

ぜひ、皆様の職場や会社でも選択理論を取り入れたらより良い関係になると思います。
選択理論についてはこちらまで

【お知らせ】ただいまスタッフおよび研修生募集中!詳しくはお問合せ下さい。

【お知らせ】かじた式整体スクールについてはこちら