一般社団法人日本骨盤矯正普及協会認定校

スクール内容 整体

施術の前後に「検査」を行う意味・意図について

2024.06.05

ベーシックコースの受講生の方から、「施術の前後に検査」について質問がありました。
検査を行う意味・意図について簡単に解説いたします。

「施術の前後に検査を行う意味・意図」

(初回)
・施術者が客観的に体の状態を知るため
・不調の原因を患者様に説明するため

(2回目以降)
・施術者が治療の方向性を確認するため
・改善具合を知るため
・患者様の不安を解消するため
・次回の来院する理由を患者様に納得して頂くため

※患者様の訴えに惑わされないために、痛みなどの症状は「数字(ペインスケール)」で確認する

なお、かじた式骨盤整体スクールベーシックコースとアドバンスコースでは、施術だけでなく、問診やカウンセリング、検査などの項目も学べますので、興味のある方はこちらからご確認ください。

もう「痛みやコリ」を追いかける施術はやめませんか!

「かじた式骨盤整体法」は「症状」や「部分」にアプローチするのでなく、体全体を骨盤から整えることからスタートして、背骨そして四肢(手足)とバランスを調整していく事で、本来の身体の機能や自然治癒力を最大限に引き出す施術法です。
「木を見て森を見ず」の施術方法になってしまうと、症状箇所に原因がない場合は、改善結果が持続しない場合が多いです。
身体の不調箇所に対しての施術方法を変えるのではなく「指標(体のアンバランスポイント)」をチェックして、ここの改善を目指す施術をする事で、本当の「根本療法」をお客様に提供できるようになります。

スクールにご興味をお持ちいただきまして、ありがとうございます。
骨盤整体に関すること、サービス内容に関すること、オンラインイベントに関することなど、
お問い合わせはお気軽にどうぞ!

お問い合わせ・ご相談

ご相談や、お問い合わせは
こちらのフォームから

お問い合わせフォーム
友だち追加



https://lin.ee/y9wiVY7

【LINE公式アカウント友だち登録特典】
LINEに登録して頂くと施術体験コース50%OFF!

PAGE TOP