一般社団法人日本骨盤矯正普及協会認定校

スクール内容

骨盤を支える重要な5つの筋肉

2023.09.12

かじた式骨盤整体スクールで教えている「かじた式骨盤矯正」の基本テクニックに、骨盤を支える重要な5つの筋肉を整えるテクニックがあります。

その5つの筋肉とは
①大腿四頭筋
②大腰筋
③内転筋群+骨盤底筋群
④中殿筋
⑤大腿筋膜張筋

この5つの筋肉の機能とこの筋肉が関わってくる症状について解説します。

大腿四頭筋
機能:膝関節伸展、股関節屈曲・外旋・外転、膝蓋骨の安定
症状:立ち上がりや立位の不安定、膝関節の不安定(膝が反ってしまうため)、膝の痛み、消化不良や小腸に差し込む痛み

大腰筋
機能:股関節屈曲・外旋・内旋、腰椎側屈、腰椎の安定、背骨のS字カーブを保つ
症状:両側弱いと腰が丸まる、片側弱いと内股やおしりが下がる、しつこい腰痛、腎臓の機能の乱れ、休息できない、足の問題と大腰筋は関係が深い

内転筋と骨盤底筋
機能:股関節内転・屈曲・内旋・伸展、姿勢保持、排尿・排便をコントロール
症状:歩行やスクワット動作時で骨盤が不安定になる、骨盤が傾き、肩こり及び肘まで痛む、尿もれ

中臀筋
機能:股関節外転・内旋
症状:歩行やスクワット動作時で骨盤が不安定になるので、お尻を横側に突き出すような歩き方になりやすい

大腿筋膜張筋
機能:股関節の屈曲・外転・内旋、膝関節の伸展、下腿の外旋
症状:股関節が不安定になり、O脚の原因にもなる、膝の痛みに関係、
便秘や下痢など腸の問題がある可能性がある

この5つの筋肉のバランスを整えることで、骨盤が正しい状態になるので、骨盤矯正に興味のある方は参考してみて下さい!

もう「痛みやコリ」を追いかける施術はやめませんか!

「かじた式骨盤整体法」は「症状」や「部分」にアプローチするのでなく、体全体を骨盤から整えることからスタートして、背骨そして四肢(手足)とバランスを調整していく事で、本来の身体の機能や自然治癒力を最大限に引き出す施術法です。
「木を見て森を見ず」の施術方法になってしまうと、症状箇所に原因がない場合は、改善結果が持続しない場合が多いです。
身体の不調箇所に対しての施術方法を変えるのではなく「指標(体のアンバランスポイント)」をチェックして、ここの改善を目指す施術をする事で、本当の「根本療法」をお客様に提供できるようになります。

スクールにご興味をお持ちいただきまして、ありがとうございます。
骨盤整体に関すること、サービス内容に関すること、オンラインイベントに関することなど、
お問い合わせはお気軽にどうぞ!

お問い合わせ・ご相談

ご相談や、お問い合わせは
こちらのフォームから

お問い合わせフォーム
友だち追加



https://lin.ee/y9wiVY7

【LINE公式アカウント友だち登録特典】
LINEに登録して頂くと施術体験コース50%OFF!

PAGE TOP