みなさん、こんにちは。
双子のパパであり、ライフ快療院の院長、かじた式骨盤矯正の開発者である梶田了です。

整骨院を経営されている先生は、保険の締め付けがきつい、院の売上をもっと伸ばしたい、スタッフの給与をアップさせたい、スタッフにやりがいを持って働いてほしいなど、様々な理由で「自費治療」を導入を検討されていると思います。

かじた式骨盤矯正整体スクールの受講生からも「何から手を付けたらいいのかわからない」と言う声をよく聞きます。

今回は、整骨院に自費治療を導入時の注意点について3つのポイントに絞ってお話したいと思います。

①自費治療を導入するにはまず、最初に「どんな技術で行うのか」がとても重要です。
保険とは違って自費治療メニューは価格がかなり上がります。ですから、「再現性の高い」かつ「時間単価の高い」技術でなければなりません。
そして、患者様に対してもわかりやすいものでなければいけません。

②集客においては「ホームページ」が非常に大切な要素になってきます。
保険とは違って、自費治療の場合は「整体院」「カイロプラクティック院」なども競合他社になってきます。
多くの患者様は、事前に複数の院を比べて検討してから予約を入れているのです。

③スタッフがいる院においては「自費治療に関するスタッフ教育」をし直す必要があります。
これは、「施術テクニック」だけでなく「問診・カウンセリング・検査・術後の説明」などもしなければなりません。

この3つのポイントを押さえた上で自費治療メニューを導入することが大切です。

かじた式骨盤矯正整体スクールでは、この3つのポイントについてサポート出来るコースもご用意しています。
今までも、数多くの先生方が学ばれて自費治療を導入していますので、どうぞご検討下さい。

詳細は、かじた式骨盤矯正整体スクール「コース・カリキュラム」をご覧になるか、フリーダイヤル0120−428−099までお問い合わせ下さい。

【お知らせ】ただいまスタッフおよび研修生募集中!詳しくはお問合せ下さい。

【お知らせ】かじた式整体スクールについてはこちら